米テスラの高速充電システム「スーパーチャージャー(Supercharger)」の一部にて、衛星インターネット「スターリンク(Starlink)」の受信アンテナが設置されていることが、海外掲示板のRedditにて報告されています。

スーパーチャージャーとはテスラが展開する高速充電ネットワークと充電器で、世界で2500拠点、2万5000以上の充電器が設置されています。またスターリンクは低軌道に打ち上げた大量の小型衛星から世界中に高速インターネットを提供する計画で、一部地域にてすでにベータテストが開始されています。

スターリンクの受信アンテナがスーパーチャージャーに設置された目的について、テスラは明言していません。一方でテスラを率いるイーロン・マスクCEOは2019年のツイートで「スーパーチャージャーにWi-Fi機能を搭載し、動画再生に利用できるようにする」と語っており、また今年10月にも「将来的に実現する」とツイートで認めています。スターリンクのネットワークがこのWi-Fi機能に利用される可能性は、十分あります。

また衛星インターネットは、インフラ整備の難しい遠隔地にもインターネット接続を提供できるというメリットがあります。スターリンクのネットワークは、スーパーチャージャーの通信システムのバックアップとしても想定されているのかもしれません。

先日にはオランダにてパイロットプログラムとして、一部で他社製EV(電気自動車)への充電も可能になったテスラのスーパーチャージャー。今後も、なにやら興味深いアップデートが予定されているようです。

Source: Reddit

Via: electrek