タッチ操作のストレス軽減!テキストをもっとサクサク入力する方法:iPhone Tips

快適に文字入力できます

嘉陽桃(TEKIKAKU)
嘉陽桃(TEKIKAKU)
2020年07月14日, 午前 07:10 in touch
0シェア
FacebookTwitter

さっきまで入力していた文を消してしまったけど、打ち直すのが面倒。文字を打つときに、使わないボタンに指が触れて、余計な時間がとられる……。

そんな経験がある人におすすめしたいのが、文字入力のやり直しや使わないボタンの非表示の機能です。今回は、文字入力の直前の操作の取消しとやり直しの方法、絵文字ボタンや音声入力ボタンを非表示にする方法をご紹介します。

文字入力の取消し、やり直しをサクサクやる方法

打ち間違いをしたときや、入力した文をすぐ消したいときには、画面を3本指で左方向にスワイプすると、直前の文字入力の操作が取り消せます。試しに「メモ」アプリを開いて、文字入力をし、画面を3本指で左にスワイプしてみてください。すると、直前に入力していた箇所が消え、上に「取り消す」という表示が数秒間表示されます。

▲文字入力をした後に、画面を3本指で左にスワイプ(左)。直前の入力箇所が消され、上に「取り消す」の表示が登場します(右)

消してしまったけど直前の入力を元に戻したいときはこれでやり直しができるわけです。先ほどとは逆に、3本指で右にスワイプしてみましょう。すると取消をする前の状態に戻すことができます。

▲消してしまったのを元に戻したいときに、3本指で右へスワイプ(左)。先ほど消した箇所が元に戻り、上に「やり直す」の表示が出ます(右)

絵文字ボタン、音声入力ボタンを非表示にする

絵文字を使わない人は、絵文字ボタンを非表示にして入力を快適にしましょう。「設定」、「一般」の順にタップします。続けて、「キーボード」をタップします。

▲「設定」、「一般」の順に進み(左)、「キーボード」をタップ(右)

さらに上部の「キーボード」をタップして、「絵文字」という項目を左にスワイプします。ここで「削除」を押すと、絵文字ボタンが非表示に。絵文字ボタンが非表示でも、「絵文字」と文字入力すれば、予測変換画面に絵文字の一部が出てきます。

▲上部の「キーボード」をタップして、「絵文字」の項目を左にスワイプ(左)。すると、「削除」できます(右)

また、音声入力をしない人なら、音声入力ボタンを非表示にして入力ミスを防ぎましょう。「設定」を開き、「一般」をタップします。さらに「キーボード」を開き、「音声入力」の緑ボタンを押すと、「音声入力をオフにする」と表示がでるのでオフにします。これで音声入力ボタンが非表示にできました。

▲「設定」を開き、「一般」、「キーボード」と進みます(左)。「音声入力」の緑ボタンを押すと、「音声入力をオフにする」と表示がでるのでオフにしましょう(右)

取消し、やり直しの操作は、「メール」アプリで入力しているときにも使えるので便利です。

ちなみにメールを間違えて削除してしまったときに3本指で左にスワイプすると、消してしまったメールが元の場所に戻りますよ。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: touch, text, iphone tips, tips, iphone, iphonetips, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents