The Last of Us Part II
The Last of Us Part II

ソニー傘下の開発スタジオ Naughty Dogが、大作サバイバルアクション『The Last of Us Part II』に待望のPS5最適化パッチを配信しました。

日本時間の5月20日に配信が始まった1.08アップデートでは、PS5の後方互換機能で遊ぶ際だけ選べる「フレームレート設定」が追加。ターゲット60fpsを選ぶことで、オリジナルのPS4で遊んだ際の最大2倍のコマ数で滑らかに遊べるようになりました。必要な空き容量は91GB。

そのほかPS5プレイ時には解像度の向上、ロード速度の向上といった恩恵も受けられます。「PS5リマスター版」ではなく、あくまで「従来のPS4版をPS5で遊ぶ際の快適性向上」なのでゲームとしては同一。PS4版が途中でも、一度クリアして追加要素をアンロックしたプレーヤーでも、セーブデータをそのまま使えます。

The Last of Us Part II (Amazon)

The Last of Us Part II
The Last of Us Part II

The Last of Us Part II (ラスアス2)は、2020年6月に発売されたPS4用サバイバルアクションゲーム。2013年にPS3で発売され人気を博した前作『The Last of Us』から数年後を描く直接の続編です。

開発元はソニー傘下の PlayStation Studiosでも屈指の技術力を誇る Naughty Dog。PS4の円熟期に発売されたこと、人気作の続編として莫大な予算と人員と期間を費やした作品であることから、グラフィックはPS5やPC向けも含めて現代のひとつの到達点ともいえる出来です。

今回のPS5アップデートが示したように、フレームレートや解像度は単純に馬力のあるGPUのほうが上になり、トランジスタの量がグラフィックの質につながります。しかしラスアス2で激賞されたキャラクターのフェイシャルアニメーションやパフォーマンスキャプチャの自然さ、廃墟や自然といった環境の作り込みは、いくら高額なGPUや大量のRAMがあっても、元のゲームに含まれていなければ描画できません。そうした意味では、いまや旧世代機となったPS4向けでありつつ、もっとも豪華なゲームをさらに快適に遊べるようになったアップデートといえます。

(ラスアス2は三人称視点のゲームなので、競技的なFPSのようにそこまで視点を高速に動かして戦うゲームではないものの、屋内探索のパートが多いことから、特に狭く目の前に家具や壁があるなかで左右にキョロキョロとカメラを振るような場合、PS4のターゲット30fpsでは視覚的に快適とは言いづらい状態でした)。

The Last of Us Part II
Naughty Dog / Sony

PS5で遊ぶ際に追加される設定はこちら。OPTIONSから「画面」「フレームレート設定」で選択できます。

前作の『The Last of Us』は、PS4リマスター版がPS5でも遊べます。PlayStation Plusに加入しているPS5ユーザーならば特典として遊べるPS Plus コレクションに含まれているため、前作が気になる場合はそちらから遊ぶこともできます。

いまから遊ぶ場合、前作を先にやるべきか?と悩んだ場合はこちら。

PS4大作『The Last of Us Part II』発売。 攻略以前の基本レビュー & 序盤ガイド #ラスアス2

ゲームの概要はこちら。

『The Last of Us Part II』先行プレビュー。リアリズムの新たな到達点、PS4円熟期を飾る大作(ネタバレなし)

前作未プレイのプレーヤーによるレビューもあります。

「心をえぐられ、物語から逃げたくなった」PS4『The Last of Us Part II』レビュー #ラスアス2(砂流恵介)

The Last of Us は、ゲームのディレクターが脚本を務める実写ドラマ版が制作進行中。ゲーム・オブ・スローンズなど、ドラマシリーズに強い米国のHBOが製作します。

実写『ラスアス』 主演は『マンダロリアン』ペドロ・パスカル、『GoT』リアナ・モーモント役ベラ・ラムゼイに決定

The Last of Us Part II (Amazon)

PlayStation Plus 12ヶ月利用権 (Amazon)