スター・ウォーズ『マンダロリアン』シーズン2予告編公開。国内でも10月30日配信

ボバ・フェットも登場

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年09月16日, 午前 09:18 in disney
0シェア
FacebookTwitter
The Mandalorian
© 2020 Lucasfilm Ltd.

ディズニーがスター・ウォーズ初の実写ドラマシリーズ『マンダロリアン』シーズン2の予告編を初公開しました。

あわせて、日本国内での配信開始は米国と同時の10月30日になることも発表されています。

The Mandalorian
© 2020 Lucasfilm Ltd.

『マンダロリアン』(The Mandalorian) は、ディズニーが独自の動画サービス Disney+ 立ち上げの目玉として制作した実写ドラマシリーズ。

映画『ジェダイの帰還』(エピソードVI)から数年後、帝国の弱体化で混沌とする銀河辺境領域を舞台に、孤高の賞金稼ぎ「マンダロリアン」の活躍を描きます。

制作を指揮するショーランナーはアイアンマンなどマーベル映画の監督や出演でも知られるジョン・ファヴロー、共同プロデューサーや脚本にはルーカスの指導を受け「クローン・ウォーズ」などを手掛けてきたデイブ・フィローニ。

2019年11月から配信されたシーズン1全8話は非常に好評で、普段は抗争が絶えないスター・ウォーズ ファン各派閥でも異例なほど高く評価されています。

初公開となるシーズン2ティーザートレーラーの内容は、マンダロリアンと連れの旅の目的地について、かつてマンダロリアン一族と戦った「邪悪な魔法使い」ジェダイたちについての会話(アーマラー?)、かつてのジェダイやシスのようなローブをまとった謎の人物、マンダロリアンの愛機レイザークレストと X-Wing、TIEファイター、そしてスピーダーに乗ったスカウト・トルーパーのアクションシーンなど。

わりと不用意にウロウロできていたシーズン1から、いよいよ帝国残党の追求が強まり物語が大きく動き出しそうです。

マンダロリアンは米国の Disney+初公開時から、シーズンまとめて8話ではなく、毎週1話ずつの配信でした。これは製作総指揮ジョン・ファヴローが人気ドラマ ゲーム・オブ・スローンズのファンで、毎週の放送ごとに感想や解釈や予想で盛り上がった楽しさを自作でも導入しようと考えたため。(もちろん、お試し期間だけで全部見て解約されることを防ぐ効果もありますが)。

シーズン1は日本国内での配信が遅れたため、簡単に見る方法がないにもかかわらず先のエピソードからの映像や感想をネットで目にしてしまうことがありましたが、シーズン2は日米同時に盛り上がることができそうです。

シーズン2第一話の配信はディズニー+で10月30日(金)16時から。第二話以降は毎週金曜17時からの配信です。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: disney, star wars, the mandalorian, disney plus, news, entertainment
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents