Warner Bros.
Warner Bros.

ティーザーサイトで予告されていたSF映画『マトリックス・レザレクションズ』の最初の予告編が公開されました。シリーズのファンの希望通り、キアヌ・リーブスが主役のネオとして帰ってきます。"ジョン・ウィック"という名がなぜか脳裏に浮かぶかもしれませんが、これはネオです(自己暗示)。

予告映像から察するに、ネオは青いカプセルを飲み、現実ではなく虚構の世界に生きているようです。しかし何やら悩みを抱えており、ニール・パトリック・ハリス演じるセラピストらしき人物と話しているカットが挿入されています。ニール・パトリック・ハリスは前日に公開されたティーザーサイトで青いカプセルのほうの映像でナレーションをしていました。

ただ、セラピーで解決するようなら映画はそこで終わってしまいます。ここは予想どおり、いまいる世界に疑いを持ち始めたネオが、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世演じるモーフィアスから赤いカプセルを受け取り、互いに忘れてしまっているトリニティ(キャリー・アン・モス)とも再会したうえで一悶着なければ視聴者は納得しません。なお、今回も「Mr.Anderson, welcomeback」と言うのかはわかりませんが、エージェント・スミスはヒューゴ・ウィービング似からジョナサン・グロフ似に姿を変えて現れます。

ほかにも旧作から続投のナイオビ(ジェイダ・ピンケット・スミス)やメロヴィンジアン(ランバート・ウィルソン)の元気な姿がみられるほか、ネオにマトリックスを再び発見するよう迫りそのドアを開ける、ジェシカ・ヘンウィック演じる新キャストや、クリスティーナ・リッチ、ダニエル・バーンハードが新キャストとして登場します。

日本での劇場公開は12月の予定。米国では12月22日公開で、HBO Maxでも視聴可能です。

ちなみに『マトリックス・レザレクションズ』の舞台設定は第1作の続きとのこと。それでもこれまでの3作全てを復習してからご覧になるのが良さそうです。

Source:Warner Bros.