iPhone-13-pro

 

つい先日、AppleよりiPhone 13シリーズが発表されました。

iPhone 12 miniユーザーで敬虔なiPhone信者の私はもちろん買う予定ですが、今年はiPhone 13 miniではなくiPhone 13 Proを選ぶことにしました。

関連記事:

5分でわかるiPhone 13シリーズまとめ。iPad mini(第6世代)やApple Watch Series 7も発表

今回はiPhone 13シリーズの4ラインナップの中でなぜiPhone 13 Proを選んだのか、miniユーザー視点でご紹介します。

関連記事:

iPhone 13 Pro/Pro Max発表。120Hz画面と3眼カメラ搭載の「最もProらしいiPhone」

iPhone 13ラインナップの仕様比較。ストレージ増大、カメラとバッテリー性能が進化

1.カメラが大きく進化したから

iPhone-13-pro

私のスマートフォンの主な用途はカメラです。今回iPhone 13 Proを選んだ大きな理由はカメラ性能がiPhone 13よりも強化されているからです。

特に期待しているのは大幅進化した超広角カメラ。センサーサイズが大きくなり、新しいAFによりマクロ撮影にもできるようになった超広角カメラで新たな写真表現を楽しみにしています。

また、iPhone 12 miniにはなかったナイトモード対応の望遠レンズ、Apple ProRAW、そして新たに搭載されたリアルタイムレンダリングのフォトグラフスタイル等の機能もiPhone 13 Proの魅力であり、これらの機能にも期待しています。

2.ディスプレイが明るくなったから

iPhone-13-pro

iPhone 12 miniを使っていて不満に思っていたのが画面輝度。最大輝度625ニトでは直射日光下だと画面が非常に見づらく、写真の構図がうまくとれません。iPhone 13 ProはiPhone 12 Proの800ニトを超える1000ニトとなるため、外でも画面が見やすくなるだろうと思います。

なお、iPhone 13 ProはiPhone初の120Hzのディスプレイに対応していますが個人的にはあまり興味はありません。むしろ10Hzまでリフレッシュレートが落とせるLTPOディスプレイでバッテリー持ちが長くなる方に期待しています。

関連記事:

iPhone 13 Proはカメラのみならず。体験レベルを引き上げる新OLEDディスプレイ

3.バッテリー持ちが大幅に良くなりそうだから

iPhone-13-pro

iPhone 12 miniを使っていて画面輝度以上にストレスだったのがバッテリーの持ちです。

iPhone 12 miniのバッテリー持ちは非常に悪く、半日から0.8日ほどしか持ちません。ここ1年はコロナ禍で外出頻度が少なかったためそれでも問題なかったのですが、ワクチンの普及でこれから外出頻度が増えることを考えるとバッテリー持ちは大事になります。

iPhone 13 miniはiPhone 12 miniよりもバッテリー持ちが改善されているようですが、iPhone 12 miniユーザーの感覚からするとiPhone 13 miniでも1日バッテリーが持たないような気がします。iPhone 13 miniでバッテリーに気を使うよりもより大きいバッテリーを積んだiPhone 13の無印かProを選んだほうが精神衛生上良さそうだと思います。

4.miniでなくても片手操作ができそうだったから

iphone-13-pro

私が去年にiPhone 12 miniを選んだのは久しぶりのハイエンドコンパクトiPhoneが登場したからです。

私にとってはハイエンドの性能で持ち運びやすく、片手操作も快適にできることが非常に大事でしたが、半年前にPixel 5を購入してサブ機として運用した際に6インチでも片手運用できることを確認できました。

miniでなくとも片手操作ができ、初めてのハイエンドコンパクト機種というインパクトがなくなった今、あえてiPhone 13 miniを選ぶ理由はないだろうと思います。

5.Proシリーズのデザインに憧れているから

iPhone-13-pro

iPhoneはiPhone 11から無印シリーズは背面がポップなつやありのガラス、Proシリーズがマットなつやけしのガラス仕上げとなっています。

ぱっと見た印象や手に持った時に感じる高級感は明らかにProシリーズに軍配が上がるため、iPhone 11、iPhone 12 miniと使ってきた私にとっては漠然と美しいProシリーズへの憧れがありました。

サラサラとした指紋のつきにくいテクスチャーガラスの背面とステンレススチールのフレームの高級感も今回iPhone 13 Proを選んだ理由の一つです。

以上がiPhone 12 miniユーザーの私がiPhone 13 miniをスルーしてiPhone 13 Proを買おうと思っている理由でした。

去年はiPhone 12無印とiPhone 12 Proの差異はほとんどありませんでしたが、今年はA15 Bionicチップの性能やカメラ性能、ディスプレイ性能等でiPhone 12シリーズ以上の差がついています。無印モデルとProモデルでは価格がかなり違いますが、今年はProを選んでみるのもありだと思います。

皆さんもぜひスペック表を見比べて自分にあったiPhoneを探してみてはいかがでしょうか?最新のiPhone 13シリーズは予約受付中で、9月24日発売となっています。

関連記事:

iPhone 13ラインナップの仕様比較。ストレージ増大、カメラとバッテリー性能が進化

Apple (Amazonストアページ)