ビジネス向けノートPCの定番ブランドであるThinkPad(シンクパッド)。その主力となる7シリーズの2021年日本版モデルが、レノボ・ジャパンから発表されました。

今回発表された7シリーズは、全てがインテル製CPU搭載モデル。CPU(SoC)をTiger Lakeこと第11世代Core iシリーズに世代交代したことで、グラフィックス性能を中心に、処理速度を堅実に向上させています。

中でも今回の大規模変更となったのは4シリーズ。14インチ画面の軽量モデル『ThinkPad X1 Carbon Gen 9』(上写真)、13インチ軽量機『ThinkPad X13 Gen 2』、そしてそれぞれの360度ヒンジ搭載モデル『ThinkPad X1 Yoga Gen 6』、『ThinkPad X13 Yoga Gen 2』です。

これら4シリーズでは、液晶パネルのアスペクト比が16:10となり、縦方向のピクセル数が現行世代(16:9)より増加。パネル周辺も現行機よりナローベゼル(狭額縁)設計となり、とくに底面側はグッと幅が減少。

先行してこの仕様を導入した『ThinkPad X1 Nano』のように、見た目の“イマドキ度”も一気に進んだことから、メジャーアップグレードと呼べる仕様となっています。

また、昨今レノボグループが推進するテレワーク向け機能に関しても、X13 Gen 2とT14s Gen 2(後述)においてカメラがフルHD解像度版に変更。精細度アップ、さらに露出精度なども上がり、相手に見やすい画質になりました。

加えてX1 CarbonとYogaでは、ドルビーラボラトリーズのノイズ抑制・音質改善・自動音量調整機能『ドルビーボイス for PC』に世界初対応するなど、現行シリーズよりさらに相手によって見やすく、聞きやすい会議が行える技術が導入されています。

▲ThinkPad X1とYogaキーボードの日本語配列では、一部記号キーが幅の狭い仕様に。ここは賛否が分かれそうなところでしょう

しかし一方で、X1 CarbonとYogaにおいては、キーボードの記号入力用キーが幅狭仕様となるなど、これまでの路線からはちょっと驚くような変化も見て取れます。

なお、残り3シリーズは、14インチ軽量機『ThinkPad T14s Gen2』と、14/15インチの標準機『ThinkPad T14 Gen 2』『ThinkPad T15 Gen 2』という構成。ThinkPadのラインアップに詳しいユーザー向けに言えば、いわゆる「X1系とClassic ThinkPadの主力」となる布陣です。

ここでは、画面比率が16:10となったモデルについて紹介します。


16:10画面にデュアル冷却ファン、最大32GB RAM

基本仕様を大幅強化したX1 Carbon

▲新製品となるX1 Carbon Gen 9(左)と現行のGen 8(右)。画面アスペクト比の16:10化(縦方向がより長く)により、全体的なシルエットはこれだけ変わります

まずは、Engadget読者の中において(そして筆者的にも)一番の注目機となるであろう、X1 Carbon Gen 9から紹介しましょう。本体重量約1.13kgからと比較的軽量ながら、14インチ画面のモデルです。

発売(受注)日は3月23日から、価格は24万4000円(税別)からです。

現行モデルと比べた最大の特徴は、やはり16:10比率となった14インチ画面です。解像度は2種類から選択でき、上位は“横4K”の3840×2400、下位は“横フルHD”の1920×1200。一方で、現行の中位に相当する“横2560”解像度は用意されません。

▲底面カバーを取り外した状態(写真はX1 Yogaですが、Carbonもほぼ共通です)。冷却ファンが隣接したデュアル仕様に変更されるなど、基本仕様強化に合わせて各所がアップデートされています
▲2基の冷却ファンはあまり類を見ない“隣接した配置”に。開発チームでは通称として「お団子ファン」と呼ばれているそうです

CPUはTiger LakeのUP3。TDPが15~28Wのバージョンです。最上位では『Core i7-1185G7』、廉価構成では『Core i5-1135G7』までから選択できます。

またCPU以上に注目なのは、RAM。今回からついにヘビーユーザー待望の32GB構成も選択可能となりました。さらにモバイル通信モジュールは5G版と4G LTE版が選択可能です。

拡張端子はThunderbolt 4(兼USB 4:端子形状はType-C)×2基にUSB 3.2 Gen 1 Type-A×2基、HDMI×1基、3.5mmヘッドセットジャック。

公称バッテリー駆動時間は約26時間(JEITA 2.0測定法)です。

▲キーボード面のThinkPadロゴは「X1」が入った形に。なおこの「X1」はステッカーなどではなく、彫り込みです

一方で冒頭でも紹介したように、キーボードでは一部記号キーが現行シリーズなどで見られなかった縮小幅仕様となるなど、ヘビーユーザーにとっては気になる点も見られます。

ただし、基本的なコンセプトは定評あるシリーズを引き継ぎ、さらに16:10液晶などヘビーユーザー好みの強化もなされている強力なシリーズである点には変わりがないため、今回もヘビーユーザーからの支持を受けることは間違いなさそうです。


16:10画面でタブレット時が使いやすくなったX1 Yoga

▲16:10画面の利点がCarbonよりも活きるのがYoga。本体カラーは金属感を活かした「ストームグレー」を現行モデルから継承します

X1 Yoga Gen 6は、X1 Carbonと同じく14インチ/16:10画面を搭載し、360度ヒンジを搭載した2-in-1タイプ/画面タッチ+ペン入力対応のモデル。受注受付は3月23日から、価格は27万8000円(税別)からです。

基本的なキャラクター付けは現行機と同じですが、画面が16:10となった点とナローベゼル設計が進んだことで、タブレット時の見栄えや使いやすさなどが向上しています。

本体重量は1.399kgからと(今回も)X1 Carbonに対して重めですが、その他の仕様はX1 Carbonを踏襲。CPU(SoC)も、Carbonと同じくTiger Lake UP3を搭載します。

バッテリー駆動時間は公称で約23.9時間をマークします。

▲画面周辺のベゼル色処理なども相まって、体感的な画面占有比率はかなりの向上に。見栄えの“イマドキ度”もグッと増しています

今世代の隠れた特徴は、液晶パネルの一部(1920×1200解像度)で「タッチとペン対応なれど非光沢仕上げ」の選択が可能になった点。屋外などでの使用時における利便性が増しています。

なお画面解像度はX1 Carbonと同じく、上位は“横4K”の3840×2400、下位は“横フルHD”の1920×1200。こちらも“横2560”解像度は用意されません。


さらば横1366。X13は16:10画面化で横1920が標準に

▲人によっては最注目となるであろうX13 Gen 2。ここ数世代ではX1系との差を詰めるスタンダードX系ですが、今世代ではさらに近くなった印象です

ヘビーユーザーからのもう1つの注目モデルが、『ThinkPad X13 Gen 2』でしょう。13.3インチ画面を搭載し軽量・コンパクトでありながら、X1シリーズよりも手頃な価格なため、企業向け、個人向けともに人気の高い系列です。

受注開始は3月23日から、価格は18万7000円(税別)からとなります。

今世代の特徴は、やはり画面のアスペクト比が16:10に変更された点。それに伴って電源ボタンは指紋センサー一体型となるなど、本体設計も一新されました。

本体重量は1.19kgからと、X1 Carbonには及びませんが比較的軽量です。

そして隠れた(なおかつヘビーユーザーには重要な)特徴は、ついに画面解像度の最低限が“横1920”になった点。

そう、購入時の悩み(?)となっていた横1366解像度のパネルがついに廃止となったわけです。とくに個人ユーザーとしては歓迎という方が多いのではないでしょうか。

実際のパネル解像度は、上位が2560×1600、基本が1920×1200という構成。ターゲットユーザーの違いか、X1シリーズでは廃止された横2560解像度がこちらには設定されています。

CPU(SoC)はTiger Lake UP3。『Core i7-1185G7』から『Core i3-1115G4』と、X1シリーズより幅広いオプションが用意されています。注目のRAMは最大32GBと、X1シリーズと揃いました。

バッテリー駆動時間(JEITA 2.0測定法)は最大24時間。なおこれは大容量バッテリー搭載機種で、軽量バッテリー構成では約17.8時間となります。

拡張端子はThunderbolt 4(兼USB 4:端子形状はType-C)×2基、USB 3.2 Gen 1 Type-A×2基、HDMI×1基、3.5mmヘッドセットジャック。さらに専用形状の有線LAN『イーサネット拡張コネクター2』を備えます。


今世代は隠れた人気機種に? X13 Yoga

▲16:10画面になって大きく印象を変えたのがX13 Yoga。現行以上の人気となりそうな予感も

画面比率16:10となったモデルの中でも、今世代では隠れた人気モデルとなりそうな予感を抱かせるモデルが『ThinkPad X13 Yoga Gen 2』です。

発売日は「後日発表予定」というステータスで、価格は20万8000円(税別)から。

X13の360度ヒンジ/2-in-1モデルという位置づけとなる機種ですが、画面比率の一新と合わせて本体デザインをシェイプアップしたことで、良い意味で現行モデルから印象を大きく変えています。

本体重量は約1.2kgからと(今世代でも)X13に比べて若干重くなりますが、タブレットとしても使える柔軟性やペン+タッチ入力への対応などによる使い勝手の良さが魅力です。

Source:レノボ・ジャパンプレスリリース