TikTok、拡散される自殺動画の削除に苦戦。再投稿アカウント停止措置などで対応

クリエイターも警告

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年09月8日, 午後 01:00 in TikTok
0シェア
FacebookTwitter
Anatoliy Sizov via Getty Images
Anatoliy Sizov via Getty Images

TikTokは、この日曜から拡散し始めた、男性が拳銃自殺をする様子を含む動画の削除に手こずっています。もともとFaccebookでストリーミングされた映像がやがて他の動画投稿サービスに複製されて出回っているとのこと。

この動画は、グレーの髭を蓄えた男性が机の向こうに座っている画像でTikTokの”ForYou”に流れてくることが多く、多くの人は何も知らずに自動再生されるその動画を視聴してしまうのだそう。

TikTokは、このような自殺場面を含んでいたり、それを称賛または美化したり、促すような動画が運用ポリシーに違反するため、システムが自動的に検出してフラグを立てるようになっていると説明。さらに違反動画を幾度もアップロードするアカウントを停止する措置を講じていると述べました。

ただ、自動的に検出するとはいいつつも、TikTokのレコメンデーション機能はこの動画を削除できず、ユーザーのForYouフィードからなかなか取り除き切れていません。そのためTikTokコミュニティでは、これに気づいたクリエイターらが不用意に映像を見ないよう注意する動画を投稿し警戒するよう呼びかけています。

自殺場面を含む動画はこれまでにもFacebookやInstagram、Redditといったサービスに投稿されたことがありました。The Vergeによると、TikTokで広まった今回の動画もすでにInstagramやTwitterに飛び火し始めているとのこと。

TikTokユーザー本人だけでなく、もし子どもたちがTikTokや動画を扱うアプリ、サービスを利用しているのなら、そのような動画が紛れて表示されることがあるから気をつけるようにと、忠告しておくべきかもしれません。

なお、日本では厚生労働省のウェブサイトにSNSを通じた自殺防止相談窓口へのリンクが紹介されています。もしご自身が自殺願望を抱えていたり、誰かを心配するような状況なら、こうしたリンクから状況改善のための助けを得ることもできます。

source:The Verge

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: TikTok, social media, internet, social networking, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents