Werner Bros.
Werner Bros.

映画『DUNE/デューン 砂の惑星』で主役を演じたイケメン俳優ティモシー・シャラメが、過去にYouTubeで自ら改造したXbox 360コントローラーを紹介、自慢する動画を公開していたことがわかりました。

ティモシー・シャラメといえば冒頭に述べた『DUNE/デューン 砂の惑星』や、2022年に日本でも公開予定のコメディ『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』への出演している新進気鋭の若手俳優。世界中の女性を虜にすると言われるその甘いマスクはとても我々サイド、いわゆるギークな世界とは無縁なイメージしかありません。

ところがViceメディアのテクノロジー情報サイトMotherboardいわく、シャラメはスターとして世に出る以前は、改造Xbox 360コントローラー紹介する動画をYouTubeにアップし、ほんのわずかな視聴者を獲得していただけの「ダサいヤツ」だったことがわかったとのこと。

熱烈なファンのあいだでは、この事実はすでに知れ渡っていたようで、”ChalametUniverse”と称するInstagramのファンページでは、変声期ごろの少年が様々な彩りの改造Xbox 360コントローラーを自慢する動画がの存在が報告されていました。

このときはそのYouTubeチャンネルの名称までは紹介されていなかったものの、Motherboardは "ModdedController360" なるチャンネルを発見し、2010年の2~3月に3本の動画を公開しているのを発見しました。その動画は、いずれも顔こそ映っていないものの、少年が改造したXbox 360コントローラーについて語るという内容。2010年当時のシャラメは15歳で、この動画に出てくる人物に近いと考えられます。また当時のシャラメの演技映像と動画の声もかなり似ていることがわかりました。

そこでこんどは、2010年前後のシャラメの写真をファンサイトなど片っ端から調べ、ModdedController360にうつる少年や周囲のものと徹底的に比較しました。すると、少年が座っている椅子の布地や、カーペットの柄に共通点があることを発見。さらに少年の左手薬指と、シャラメ本人の写真に写る同じ指に、共通して大きな傷跡があることがわかったとのこと。

Motherboardは、シャラメの代理人にこれらの証拠について問い合わせました。すぐには返答はありませんでしたが、しばらくしてこのYouTubeチャンネルについて本人が話している動画がSNSに公開され、そのリンクが返されてきたとしています。動画には、ゲームコントローラーを改造してYouTubeで紹介していたことを認め、1台10ドルで塗装を請け負うと言ったところ、3人から依頼があったとシャラメ本人が話しています。ちなみに隣に座るのは『DUNE/デューン 砂の惑星』で共演した女優兼歌手のゼンデイヤ。

Source:Motherboard