外出時や災害時に電源が切れてしまっても、搭載しているソーラーパネルで発電し、充電できるというケータイ電話が「docomo STYLE series SH-08A」。

このユニークな製品が発売されたのが、2009年の今日です。

外付けではなく、ケータイ本体にソーラーパネルを内蔵しているというのが特長。普段から充電はソーラーで……というほどの発電量はありませんが、10分間で約1分の連続通話、約3時間の待ち受けが可能となるため、電源が確保できない最悪の状態でも、連絡が取れるようになるというのが強みです。

この頃はまだモバイルバッテリーが今ほど一般的ではなく、予備バッテリーを用意する以外の電源確保が難しかっただけに、なかなか気になる機能でした。

ちなみに、シャープは2009年の夏にソーラーパネル搭載ケータイを各キャリア向けに製品化しており、このドコモの「SH-08A」のほか、auからは「SOLAR PHONE SH002」、ソフトバンクからは「SOLAR HYBRID 936SH」が発売されています。

9月11日のおもなできごと

2000年、IBMが12.1インチ液晶の「ThinkPad X20」を発売
2009年、IEEEが無線LAN規格「IEEE802.11n」を正式承認
2009年、ドコモがソーラー充電可能なケータイ「SH-08A」を発売
2009年、三洋電機が「eneloop lamp」を発売
2013年、アップルがカラフルな「iPhone 5c」を発表
2018年、レノボが「ThinkPad X1 Extreme」を発表