2013年7月31日、ウィルコムの「だれとでも定額パス」(WX01TJ)が発売されました:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、ニュース、記念日など、気になった話題をピックアップ

今日は何の日?
今日は何の日?
2020年07月31日, 午前 05:30 in today
0シェア
FacebookTwitter

Bluetoothで接続したスマートフォンから利用する通話専用端末が、「だれとでも定額パス」(WX01TJ)。

このユニークなPHSが発売されたのが、2013年の今日です。

PHS事業者のウィルコムは、あの手この手でユーザーを獲得しようと様々なアイディアを出していました。そのうちのひとつが、この「だれとでも定額パス」。本体には電源ボタンくらいしかないという割り切った製品で、これ単体では使えません。別途スマートフォンを用意し、Bluetoothで接続。専用アプリを使ってようやく電話ができるというものでした。

これだけ聞くと不便な気がしますが、現在利用中のスマートフォンのままで、PHS回線による通話の発着信を追加できるというのがメリット。だれとでも定額パスの月額490円、これに加え月額980円で他社の携帯電話や固定電話へと500回(1回10分)まで使い放題となる「だれとでも定額」を使うと、月額1470円で通話料金を気にせず通話が可能となるわけです。

機種変する必要も、プラン変更する必要も、キャリアを乗り換える必要もなく、格安データSIMとも組み合わせられるという、超柔軟な通話し放題と考えると、ものすごくお得。他社からユーザーを奪うのではなく、共存していくことでユーザーを増やしていこうとしていたのがユニークでした。

7月31日のおもなできごと

2004年、松下電器産業が「DMR-E700BD」を発売
2013年、ウィルコムが「だれとでも定額パス」(WX01TJ)を発売
2013年、NVIDIAが携帯ゲーム機「SHIELD」を発売
2015年、ソニーが「RX10 II」「RX100 IV」を発売
2015年、キングジムが「PRO SR5500P」を発売
2018年、ソニーが「SPRESENSE」(CXD5602PWBMAIN1)を発売


Source: 『だれとでも定額パス』WX01TJ


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: today, willcom, phs, news, gear
0シェア
FacebookTwitter