ドコモのサービスや製品の支払いくらいでしか使えなかったポイントを、広く一般で使えるようにしたのが「dポイント」。

このポイントサービスが発表されたのが、2015年の今日です。

囲い込み手段として多くのポイントサービスが登場していましたが、そのほとんどが、自社のサービスや製品の支払いにしか使えないというものでした。ドコモが行っていた「ドコモポイント」もそういったサービスのひとつでしたが、これをリニューアルし、ドコモ以外での利用でもポイントがついたり、支払いに使えるようにしたのが「dポイント」です。

また、各種サービスのブランド名変更も発表され、会員プログラムとなる「ドコモプレミアクラブ」は「dポイントクラブ」、クレジットサービスの「DCMX」は「dカード」、「docomo ID」は「dアカウント」と、dほにゃららへと統一されました。

発表は早かったものの、サービスブランドの統一やdポイントサービスの開始は、同年12月1日からでした。

発表時に注目されたのが、コンビニエンスストアのローソンと提携が発表されたこと。ドコモへの支払いだけでなく、ローソンでの買い物でも割り引きやポイントがつくため、日常の支払いで使うだけでお得になるのがメリットです。

具体的には、DCMX(後のdカード)で支払うと3%引き、さらにカードのポイントが付くので1%ポイント付与、dポイントカード提示で1%ポイント付与となり、5%ほどお得になる計算でした。

5月13日のおもなできごと

2006年、ビックカメラが「有楽町店 別館」をオープン
2015年、ドコモが「dポイント」や「ARROWS NX F-04G」を発表
2015年、ソニーがAndroid TV採用BRAVIA「X9400C」などを発表
2016年、さくら少額短期保険が「モバイル保険」を提供開始
2019年、マイクロソフトが「Age of Empires: Castle Siege」のサービス終了