Androidベースながらも、通話のしやすさを重視した端末として登場したのが「Simply」。

このシンプルなストレート端末が発売されたのが、2017年の今日です。

情報端末としてならスマートフォンは便利ですが、音声通話に限って言えば、物理ボタンを備えた従来のケータイの方が便利なことが多いのも事実です。そのため、通話の機会が多い人だとスマートフォンとケータイの2台持ち、という人も少なくありません。

こういった通話を重視した端末として登場したのが「Simply」。OSはAndroidベースとなりますがアプリはLINEすら装備しておらず、用途は通話、メール、Webブラウジングに絞られているのが特長です。

当然アプリの追加はできませんし、タッチパネルも非搭載。カメラも200万画素止まりと、「The電話」をコンセプトに開発されたというだけあります。3年前の製品ですが、実は今でも購入可能。シンプルな音声端末が欲しいというなら、チェックしてみてはいかがでしょうか。

8月10日のおもなできごと

2010年、auが「簡単ケータイS PT001」を発売
2011年、パナソニックが電子書籍端末「UT-PB1」を発売
2016年、日本通信がPokémon GO専用「b-mobile ゲームSIM」を発売
2017年、ワイモバイルが「Picket WiFi 601ZT」を発売
2017年、ワイモバイルが「Simply」を発売
2017年、AMDが「Ryzen Threadripper 1950X」を発売
2018年、ドコモが8インチタブレット「dtab Compact d-02K」を発売