都会の大型駅をイメージしたプラレールのセットが「今日からぼくが駅長さん!ガチャッと!アクションステーション」。

このセットが発売されたのが、2017年の今日です。

プラレールといえば、自分で路線を組んで電車を走らすことができるという子供向けのオモチャ。

このセットでは駅だけでなく、高架ベースやホームドア、駅枚ロータリー、信号機などのパーツも含まれており、これだけで3車線の大型駅が再現できるようになっていました。

駅の再現だけではなく、ホームドアの開閉ができるというギミックがあるほか、発車や通過、構内アナウンスなどのサウンドも全40種類と充実しているのがこだわりです。

さらに、スマートフォンやタブレットを使ったAR機能に対応。専用アプリで駅をのぞくと、乗客となるプラキッズが表示されるといった楽しみ方までできました。

なお、今年の7月17日にはスシローとコラボした「極み!おとどけ!スシロー×プラレール」が発売予定。プラレールを回転ずしのレーン替わりにし、家で回転ずしの雰囲気を味わえるようにしようという製品です。

どんな感じに楽しめるのかは、こちらのレビュー記事をどうぞ

7月13日のおもなできごと

2002年、東芝が「DynaBook P5/S24PME」を発売
2006年、ウィルコムが「nico.」を発売
2011年、ドコモ・au・ソフトバンク・イーモバイルがSMSの相互接続サービスを開始
2017年、任天堂が「Newニンテンドー2DS LL」を発売
2017年、タカラトミーが「今日からぼくが駅長さん!ガチャッと! アクションステーション」を発売
2019年、ソニーが「WF-1000XM3」を発売