Wii UはNFC機能を内蔵し、eショップの決済で交通系電子マネー9種類が利用できます。

この交通系電子マネー決済サービスが開始されたのが、2014年の今日です。

従来からクレジットカード、もしくはプリペイドカードでの支払いに対応していましたが、クレジットカードは子供だと利用できませんし、プリペイドカードはカードの購入から登録まで、それなりの手間がかかってしまうというのがネックでした。

これに対し交通系電子マネーは、Wii U GamePadにタッチするだけで決済可能。eショップでのハードルとなる支払いが手軽になることで、より買いやすくなりました。

対応した交通系電子マネーは、「Kitaca」「Suica」「PASMO」「TOICA」「manaca」「ICOCA」「SUGOCA」「nimoca」「はやかけん」の9種類。なお、FeliCaを使用するEdyには非対応です。

また、同年12月には、Newニンテンドー3DS/3DS LLでも交通系電子マネーが利用可能となりました。

ちなみについ先日、Wii Uとニンテンドー3DSシリーズにおけるクレジットカード、交通系電子マネー決済が終了するという発表がありました。終了日は2022年1月18日となっていますので、気を付けたいところです。

7月22日のおもなできごと

2006年、松下電器産業が「LUMIX DMC-L1」を発売
2011年、カシオが「EXILIM EX-TR100」を発売
2014年、Wii Uが交通系電子マネー9種類での支払いに対応
2016年、モトローラが「Moto G4 Plus」を発売
2016年、「ポケモンGO」が日本で配信開始
2020年、Rakuten Koboが「Kobo Nia」を発売
2020年、BenQがモバイルプロジェクター「GS2」を発売

Source: 任天堂