スマートフォンが登場する以前から日本で使われ、今や世界で使われるようになった「Emoji」。

このEmojiを祝う日として「世界絵文字デー」(World Emoji Day)が始まったのが、2014年の今日です。

業界団体などが決めたのではなく、Emojipediaの管理人が提唱したのが始まり。日付は、アップルの絵文字でカレンダーを表示すると7月17日(JUL 17)となっていたことにちなみます。

なお、アップルの絵文字がなぜこの日付かといえば、2002年に登場したMacのカレンダーアプリ「iCal」を発表した日だという理由です。そのため、同じ絵文字のカレンダーでも、アプリやプラットフォームによっては日付が違うものも……。

Emojipediaでカレンダーのページを見てみると、どんな違いがあるのかわかって面白いです。

世界絵文字デーはEmojipediaが勝手に言ってるだけともいえますが、アップルがこの日を気に入っているようで、世界絵文字デーに合わせて追加予定の絵文字を一部先行公開していたりします。起源がアップルの絵文字となれば、悪い気はしないのでしょうけど。

7月17日のおもなできごと

1999年、東芝がミニノートPC「Libretto ff 1100CT」を発売
2014年、パナソニックが「LUMIX DMC-FZ1000」を発売
2014年、マイクロソフトが「Surface Pro 3」を発売
2014年、「世界絵文字デー」(World Emoji Day)
2015年、リコーが高級コンデジ「GR II」を発売

Source: Emojipedia