today

胸ポケットにも入る11mmという薄さを実現し、デジカメの使い勝手を大きく変えてくれたのが、初代「EXILIM」。

この薄型コンデジが発売されたのが、2002年の今日です。

デジカメは写真を撮るための機器ですから、しっかりとホールドできるボディ、光学ズームの搭載、高画質、素早い起動速度といったものが重視されていました。そのため、小型ボディだといわれても、厚みがどうしてもあるものがほとんどでした。

これに対してEXILIMは、光学ズームを搭載しないといった割り切った仕様の代わりに、約11mmという薄さを実現。ズボンや胸ポケットにも余裕で納まるため持ち歩きやすくなり、日常のスナップ撮影に最適なカメラとして人気となりました。

モデルは通常のコンデジと使えるEX-S1だけでなく、ボイスレコード機能や音楽プレーヤー機能を搭載したEX-M1の2種類が用意されました。

today

6月21日のおもなできごと

1997年、ヤマハがCD-Rドライブ「CDR200t」シリーズを発売
2002年、カシオ計算機が初代EXILIM「EX-S1」と「EX-M1」を発売
2013年、東芝がペン対応Android機「REGZA Tablet AT703」を発売
2014年、ソニーが小型球形Bluetoothスピーカー「SRS-X1」を発売
2018年、iPhone向け「+メッセージ」アプリをリリース
2019年、富士フイルムが「instax mini LiPlay」を発売