2015年7月29日、無償アップグレードに驚いた「Windows 10」がリリースされました:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、ニュース、記念日など、気になった話題をピックアップ

今日は何の日?
今日は何の日?
2020年07月29日, 午前 05:30 in today
0シェア
FacebookTwitter

新ブラウザーのMicrosoft Edgeやタブレットモードの搭載、仮想デスクトップ、生体認証のWindows Helloなど、新しい機能が数多く使えるようになったのが、「Windows 10」。

この新バージョンのWindowsがリリースされたのが、2015年の今日です。

新しいOSですからUIや機能が進化しているというのは当然ですが、最も大きな変化といえるのが、従来バージョンからのアップグレードが無償で提供されたこと。アップグレード版のWindowsを購入することなく、利用中のPCがそのまま最新OSになるということで、驚かれました。

変化に対して抵抗感がある人は多く、新しいOSへの移行はなかなか進まないというのが当たり前でしたが、この大胆な戦略によって、従来よりも移行率が高くなったのは間違いないでしょう。無償アップグレード期間は1年間と設定され、アップグレードを促すポップアップ表示が出るようになっていたほか、毎月10日をWindows10の日として、体験キャラバンを全国展開するといった営業活動も行われていました。

ちなみに、このポップアップ表示は結構しつこく、従来バージョンのままで使いたいという人には嫌がられたりもしましたが……。

なお、Windows 10以降はナンバリングが変わるようなメジャーバージョンアップがなくなりました。そのかわり、年2回の大型アップデートと、毎月の修正が提供されるようになっています。

7月29日のおもなできごと

2011年、ドコモが「docomo STYLE series P-06C」を発売
2013年、UQコミュニケーションズが2.5GHz帯で20MHz幅の周波数を獲得
2015年、マイクロソフトが「Windows 10」をリリース
2016年、ワイモバイルが「507SH」を発売

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: today, microsoft, windows 10, windows, news, gear
0シェア
FacebookTwitter