2019年9月30日、最後のポケベル「ページャー(マジックメール)」サービスが終了しました:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、ニュース、記念日など、気になった話題をピックアップ

今日は何の日?
今日は何の日?
2020年09月30日, 午前 05:30 in today
0シェア
FacebookTwitter

個人向け無線呼出サービスとなるページャーは、ポケットベル(ポケベル)の通称で親しまれてきましたが、携帯電話の普及でユーザー数が衰退していきました。このサービスを最後まで提供していたのが、東京テレメッセージ。

この「ページャー(マジックメール)」サービスが終了したのが、2019年の今日です。

日本でのポケベルサービス開始は、1968年から。電話をするとポケベルから音が鳴り、公衆電話などから折り返し電話をして連絡を取るというものでした。名前の通り、呼び出し用のベルですね。誰からの着信なのかはわからないものの、外回りの人に急ぎ伝えたいことがある場合などには重宝するサービスでした。

その後、1987年には数字の送信に対応し、折り返し先などを通知できるようになり、数字の語呂合わせでメッセージを送るということも流行しました。カタカナやアルファベットなどの送信に標準対応したのは1994年から。1996年には最盛期となり、人気モデルを買いに、メーカーまで押し寄せる個人ユーザーがいたとか。

しかし、携帯電話の低価格化とPHSの登場によりユーザー数が減り、多くの事業者はNTTドコモへと事業を移管。そのNTTドコモも、2007年3月でサービスを終了しています。

最後までサービスを続けていたのは東京テレメッセージですが、それも昨年2019年の今日を最後に個人向けサービスを終了しました。

9月30日のおもなできごと

1992年、日本最初のホームページ「KEK Information」公開
2011年、ジェイアイエヌがブルーライトカット眼鏡「JINS PC」を発売
2013年、100年メールの「au oneメール」がサービス終了
2014年、タカラトミーが自動走行チョロQ「Q-Eyes」を発売
2015年、Googleが「Nexus 6P」「Nexus 5X」を販売開始
2015年、Amazonが初の10.1インチタブレット「Fire HD 10」を発売
2016年、LGエレクトロニクスが「LG gram」(15Z960-G)を発売
2019年、東京テレメッセージがポケベルサービスを終了


【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: today, tokyo telemessage, teleme, mobile, pager, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents