※年末年始は製品やサービスの発売、発表のニュースが少ないため、過去の記事から気になるものを紹介します。

エイサーが業界初15.6型大画面 Chromebook 15 発表。フロントスピーカーを2基、250ドルから

11.6~13.3インチの小型液晶搭載機がメインだったChromebookにおいて、15.6インチという大型液晶を初めて搭載したのが、「Acer Chromebook 15」。解像度はモデルによって異なり、1366×768ドット、もしくは1920×1080ドットのどちらか。CPUは第5世代Core i3、またはCeleron、16~32GBのSSD、2~4GBのメモリーを装備というスペックです。また、価格は249.99ドルからということが、CES2015の開幕に先駆け発表されました。

画面が大きいだけでなく、キーボードの左右に大きなフロントステレオスピーカーを装備し、Eラーニングなどでの音声が聞きやすくなっていたというのも特徴です。

米国では2015年中に発売されたようですが、日本での発売はナシ。少し調べてみたところ、日本で15.6インチのフルHD液晶搭載Chromebookが登場したのは、2017年の2月に発売された「Chromebook 15 CB3-532-FF14N」が最初だったようです。

ただしこれは法人・文教向けで、一般向けではありませんでした。