セガサターンに続く最新世代ゲーム機として投入されたのが、「ドリームキャスト」。

このセガ最後の家庭用ゲーム機が発売されたのが、1998年の今日です。

CPUにSH4、GPUにPowerVR2を搭載し、OSにWindows CEを採用するなど、従来とはかなり路線の違う、PDAに近い構成となっていたのが特徴です。ある意味、スマートフォンやタブレットと似たパーツ構成で据え置き型ゲーム機を目指した、OUYA、NVIDIA SHIELDなどに近いコンセプトといえなくもないでしょう。

ゲームソフトの提供メディアは、独自のGD-ROMを採用。これはヤマハと共同開発した光ディスクで、CDよりも容量の大きい約1GBを実現していました。独自メディアはコストが高くなるものの、容量が大きくできること、そしてCD-Rで簡単にコピーされないための対策も兼ねていました。

ドリームキャストで注目すべき点は、標準でモデムを内蔵していたこと。インターネットに接続してのゲームプレイ、つまりオンラインゲームが視野に入っており、実際、オンラインRPGの「ファンタシースターオンライン」が登場したのも、ドリームキャストが最初でした。

しかし、新型ハードの投入でもプレステの牙城を切り崩すのは難しく、DVDを搭載し後方互換性も備えたPS2が2000年に登場すると、敗色が濃厚に。結局、2001年の1月にセガの家庭用ハード事業撤退が決定され、ドリームキャストも終了となりました。

なお、最新世代の家庭用ゲーム機開発はドリームキャストが最後なのは変わりませんが、「メガドライブ ミニ」や「ゲームギアミクロ」などで、ちょっと違った形とはいえ家庭用ゲーム機に復帰しています。

11月27日のおもなできごと

1998年、セガが「ドリームキャスト」を発売
2009年、ニコンがデジタル一眼「D3S」を発売
2015年、マイクロソフトが「Microsoft Bluetooth Mobile Mouse 3600」を発売
2015年、ソフトバンクが「Lenovo TAB2」を発売
2015年、mmbiが「NOTTV」終了を発表
2015年、Raspberry Pi財団が「Raspberry Pi Zero」を発売
2019年、シャープがSIMフリー版「AQUOS sense3」を発売


Source: セガ(twitter)