家にいるペットの様子を外出先からスマートフォンで確認できるのが、「HDペットカメラ」(KX-HDN215)。

このペットカメラが発売されたのが、2020年の今日です。

一般的なネットワークカメラと違い、ペット向け機能が充実しているのが特徴。首振り機能を搭載し、左右360度、上下90度の範囲で撮影方向を変更できるので、ペットがどこにいても確認できます。また、センサーによる自動追尾機能も装備しているので、ペットを探してカメラを動かしまわるといった面倒な操作は必要ありません。

利用上うれしいのが、垂直に持ち上げると簡単に持ち上がり、横から押しても倒れにくいという転倒防止構造を採用していること。ペットがいたずらして押してもそう簡単には倒れないため、いつも床や天井しか映っていない……といった残念な状況を回避できます。

もちろん、現在の状況を確認できるだけでなく、写真や動画の撮影も可能。動体検知による自動録画にも対応しているので、普段見ることのできない留守中のペットの行動を後から楽しめます。

このほか、トイレなどに立ち寄った映像を素早く確認できる「行動ログ機能」、1週間録り溜めた動画を35秒にまとめてくれる「一週間ダイジェスト」、室温が設定範囲を超えたときの通知機能、スマートスピーカーとの連携など、便利な機能が満載されています。

家を空けることが多い人はもちろんですが、実家のペットをいつでも見たいという一人暮らしの人にもうれしい製品です。

8月20日のおもなできごと

2000年、ソニーがHDDレコーダー「Clip-On SVR-715」を発売
2001年、東芝が「GENIO e550」を発売
2012年、バッファローが「HDW-P500U3」を発売
2014年、東芝が活動量計「WERAM1100」を発売
2015年、パナソニックが「LUMIX DMC-GX8」を発売
2020年、パナソニックが「HDペットカメラ」(KX-HDN215)を発売

Source: パナソニック