画面が360度回転するYOGAシリーズで、初めてウォッチバンドヒンジを採用したのが「YOGA 3 Pro」。

この薄型変形2in1 PCが発売されたのが、2014年の今日です。

ウォッチバンドヒンジは、その名前の通り時計のバンドのような構造をしたヒンジ。従来の2か所だけで固定するものと違って6か所もの支持部があり、滑らかに、そして任意の角度でしっかりと支えられるようになりました。

もちろん見た目もユニーク。何度も開け閉めして、その動きを観察してしまったというガジェット好きな人も多かったのではないでしょうか。

CPUには発熱の少ないCore Mシリーズを採用し、約12.8mmという薄さを実現。この薄さとウォッチバンドヒンジという新機構とで、かなり目を引く存在となりました。

11月28日のおもなできごと

2009年、ASUSが液晶一体型PC「EeeTop PC ET2002T」を発売
2013年、スクウェア・エニックスがスマホ版「ドラゴンクエスト」を無料配信
2013年、デルが同社初の4K液晶「UP3214Q」を発売
2013年、ニコンがフィルムカメラ風デジタル一眼「Df」を発売
2013年、アマゾンが「Kindle Fire HDX」を発売
2014年、レノボが独自ヒンジの「YOGA 3 Pro」を発売
2015年、ヤマダ電機が「Every Phone」を発売