PlayStation、PlayStation 2でゲーム市場を席捲したソニーによる携帯ゲーム機が「PlayStation Portable」(PSP)。

この初代モデルPSP-1000が発売されたのが、2004年の今日です。

横長ボディに4.3インチと大きめの液晶を備え、ゲームだけでなく音楽、動画再生まで行なえるのが特徴。さらにWi-Fiを内蔵し、協力プレイや対戦プレイ、Web閲覧などが可能でした。

ゲーム提供用のメディアはUMD(Universal Media Disc)。ゲームソフトだけでなく映像ソフトもあり、映画など多数の作品が発売されました。また、ゲームのセーブデータ、音楽や映像ファイルの保存用としては、メモリースティック PRO Duoが採用されていました。

PSPシリーズの最終モデルはPSP-3000で、2008年10月の発売。後継となるPS Vita発売後も販売されていたPSPですが、2014年6月に出荷完了となり、2019年9月末でアフターサービス受付も終了となりました。

派生モデルとしてUMDドライブを搭載せず、ゲームはダウンロード販売のみという「PSP go」もありました。

12月12日のおもなできごと

2000年、日本ビクターが「InterLink MP-C303」を発売
2004年、SCEが「プレイステーション・ポータブル」を発売
2014年、日本エイサーが「Iconia Tab 8 W」を発売
2014年、auがVoLTEサービスを開始
2014年、加賀ハイテックが「Lytro ILLUM」を国内で発売
2014年、ファーウェイが「Ascend Mate7」を発売
2014年、ソフトバンクBBが「SoftBank Air」を提供開始
2015年、ソフトバンクが「Nexus 6P」(ゴールド)を発売
2018年、アマゾンが「Fire TV Stick 4K」を発売
2019年、ジョンソン・エンド・ジョンソンが調光機能付きコンタクトレンズ「アキュビュー オアシス トランジションズ スマート調光」を発売