音楽や動画、画像の再生だけでなく、アプリの動作まで可能にしたiPodとして登場したのが、「iPod Touch」。

この初代モデルが日本で発売されたのが、2007年の今日です。

アップルの主力製品といえば、PCのMacintosh(Mac)シリーズとメディアプレーヤーのiPodシリーズだった時代に突如登場したのが、スマートフォンのiPhone。初代iPhoneは残念ながら日本では発売されませんでしたが、同じOSを搭載し、通話機能やGPSなどを削除した廉価版ともいえる「iPod Touch」は日本でも発売されました。

指による操作に特化されていたこと、アプリが動作しブラウザー利用やYouTubeの動画視聴ができたこと、iTunesでの楽曲購入が単体でできるようになったことなどが大きなポイント。iPodという名前を冠していますが、むしろWi-Fiのみ対応で通話できないiPhoneという方が正しいでしょう。

スマートフォンが普及してきた後でも、アプリなどは使いたいけど通話はフィーチャーフォンで行いたい、という2台持ち派の人に好まれるシリーズとなりました。

なお、2010年の第4世代までは毎年新モデルが登場していましたが、第5世代は2012年、第6世代は2015年と間隔が開き始め、現行モデルの第7世代はなんと4年後。2019年に発売されました。ちなみに、現在唯一残っているiPodシリーズでもあります。

9月22日のおもなできごと

1998年、日本アイオメガが2GBに対応した「Jazドライブ」を発売
2000年、マイクロソフトが「Windows Me」(期間限定特別パッケージ)を発売
2001年、ソニーが新型AIBO「ラッテ」「マカロン」を発売
2007年、アップルが初代「iPod touch」を発売
2011年、イー・モバイルが「smart bar」を発売
2011年、パナソニックが「LUMIX DMC-FX90」を発売
2017年、ドコモ・au・ソフトバンクが「iPhone 8/ Plus」を発売
2017年、アップルがLTE対応の「Apple Watch Series 3」を発売

Source: アップル