第4世代のFireタブレットとして登場し、歴代の中で唯一の6インチモデルとなっているのが「Fire HD 6」。

このアマゾン独自のタブレットが発売されたのが、2014年の今日です。

Fireタブレットは初代から続く7インチモデル、そして第2世代から加わった8.9インチモデルの2つのラインナップとなっていましたが、この第4世代では新たにコンパクトな6インチモデルが誕生しました。

基本的なスペックは、解像度が1280×800ドット、クアッドコアのSoC、IEEE802.11a/b/g/n対応のWi-Fi、フロントカメラ+2メガピクセルリアカメラ、8GB/16GBストレージなどで、同時に発売された7インチモデルとほぼ同じです。違いといえば、7インチモデルはステレオスピーカーだというのに対し、6インチモデルはモノラルスピーカーとなっていたことでしょうか。

この6インチモデルは横幅が103㎜と狭く、片手でも無理なく持てるサイズとして魅力的。また、カラーバリエーションもブラック、ホワイト、ブルー、シトラス、ピンクの5色と多く、気に入っていた人も少なくなかったのでは。それだけに、次の世代から6インチモデルが消えてしまったのは残念です。

今ではFireタブレットの最小は7インチ。6インチはe-inkのKindleのみとなっています。

10月16日のおもなできごと

1999年、アップルがDVD-ROM搭載の新「iMac DV」を発売
2006年、JR東日本が床発電システムの実証実験開始
2008年、ソニーがPSPの最終モデル「PSP-3000」を発売
2009年、ペンタックスがデジタル一眼「K-x」を発売
2014年、ニコンが自撮り機能搭載コンデジ「COOLPIX S6900」を発売
2014年、アマゾンが「Fire HD 6/7」を発売
2015年、ファーウェイがAndroid Wear搭載「Huawei Watch」を発売
2017年、ワイモバイルが「iPhone 6s」を発売
2019年、アマゾンが「Echo Dot with Clock」を発売

Source: アマゾン