ソニーが開発し、ケータイやデジカメ、ゲーム機、ICレコーダーなどで使われた、フラッシュメモリー採用記録メディアが「メモリースティック」。

この最初の世代が発売されたのが、1998年の今日です。

当時、フラッシュメモリーを使ったメディアといえば、コンパクトフラッシュやスマートメディアが主流。メモリースティックはシリアルインターフェースを採用していることからピン数が10ピンと少なく、コンパクトというのがメリットでした。

ただし、採用していた機器のほとんどがソニー製で、他社製品はごく一部。ソニー製品内で使いまわすには便利でしたが、他社製品とメディアを共有するのが難しく、その点が、後から登場したSDメモリーカードと比べ弱い部分です。

なお、当初から著作権保護機能がうたわれていましたが、この最初の製品には搭載されていません。著作権保護機能が搭載されたのは、白い「マジックゲート メモリースティック」からとなります。

9月10日のおもなできごと

1998年、ソニーが「メモリースティック」を発売
1998年、カシオが同社最後のハンドヘルドPC「CASSIOPEIA A-60」を発売
2007年、イラスト投稿に特化したSNS「pixiv」開設
2010年、ソニーがEマウントハンディカム「NEX-VG10」を発売
2015年、アップルが小型タブレット「iPad mini 4」を発売