専用米を使うことで最短10分(+蒸らし5分)でご飯が炊けるのが、小さな炊飯器の「poddi」。

この炊飯器と専用米が発売されたのが、2016年の今日です。

専用米となるソフトスチーム米は洗米も浸漬も不要なうえ、75g(0.5合)の個包装となっているため、計量の手間すらいらずに炊けるのがメリット。少しの量を炊き立てで食べられるため、一人暮らしにピッタリな商品です。ちなみに、ソフトスチーム米は白米のほか、もち玄米(20分)や玄米(40分)も用意されています。

poddiはソフトスチーム米だけでなく、一般白米の炊飯にも対応していますので、単純に小さな炊飯器としても活躍可能。なお、最大炊飯量は1.5合と少なめなので、まとめ炊きして冷凍保存しておくといった用途には向いてません。

現在も販売されていますので、気になる人はチェックしてみるといいでしょう。

2月15日のおもなできごと

2013年、シャープがIGZO採用4Kディスプレイ「PN-K321」を発売

2013年、ロシアのチェリャビンスク州付近へ巨大隕石が落下

2016年、神明精米が小型炊飯器「poddi」を発売

2017年、小学館が「小学8年生」を創刊

2019年、LGが17インチの「LG gram」を発売