スペックは低いものの、14インチのフルHD液晶を搭載しながら1万9800円という価格で驚かれたのが、「MUGA ストイックPC」。

この激安ノートPCが発売されたのが、2017年の今日です。

多くのノートPCはフルHD液晶を搭載するようになっていましたが、低価格なエントリーモデルでは、1366×768ドットといった低解像度のものが残っていたほか、安価なTN液晶が搭載されていることも珍しくありません。

そんな中、税別とはいえ2万円を切る価格でフルHD液晶を搭載しているとあって注目を集めました。しかもこの液晶は視野角の広いIPS。CPUはAtom x5-Z8350なのでPCとしての性能は残念なことになっているうえ、キー配列が独特過ぎて実用に耐えないという面もありましたが、動画サイトの再生用、Webページ表示用だと割り切れば十分使えます。そして、割り切れるほどの安さでした。

どんな製品だったのか気になる人は、当時のレビュー記事をどうぞ。

ちなみにWindows 10はプロジェクション機能、つまり、別のPCやスマートフォンの画面を表示する機能を持っています。この機能の活用を目的に、MUGA ストイックPCを安価なワイヤレスディスプレイと考えて購入した、という人もいそうですね。

12月1日のおもなできごと

1990年、NECホームエレクトロニクスが「PCエンジンGT」を発売
1998年、NTTパーソナルがPHS事業をNTTドコモへ譲渡
2002年、ガンホーが「ラグナロクオンライン」の正式サービス開始
2008年、NHKが「NHKオンデマンド」サービスを開始
2015年、ドコモがポイントサービス「dポイント」を開始
2015年、auがIoT傘立て「Umbrella stand」を発売
2017年、ドン・キホーテが「MUGA ストイックPC」を発売