ケータイ全盛期からスマートフォンに移行した現在まで、多くの製品で搭載されているワンセグ。このワンセグを初めて搭載したケータイが、「W33SA」でした。

この世界初のワンセグ搭載ケータイが発売されたのが、2005年の今日です。

地上波デジタル放送の規格では、1つのチャンネルで13のセグメント(帯域)が利用でき、このうち12が本放送用、1つがモバイル機器向けの用となっています。この1セグメントで行なわれるモバイル機器向け放送が、いわゆる「ワンセグ」です。

ワンセグの本放送開始は2006年の4月ですから、W33SAは試験放送時から対応していたことになります。また、ワンセグチューナーだけでなくアナログTVチューナーも装備していたので、通常のテレビ番組を視聴することもできました。

ケータイとしてはよくある折りたたみ式。画面を回転して折りたためば、テレビ視聴に便利なコンパクトなスタイルに変形できました。

12月16日のおもなできごと

2005年、auが世界初のワンセグケータイ「W33SA」を発売
2009年、EMIが「The Beatles Stereo USB」を日本で発売
2014年、LINEが決済サービス「LINE Pay」を開始
2014年、ソフトバンクがBLE MIDIキーボード「Miselu C.24」を先行販売
2016年、ファーウェイが「HUAWEI Mate 9」を発売
2016年、ファーウェイが「HUAWEI FIT」を発売
2019年、シャオミが「Mi Note 10」で日本市場参入


Source:au