液晶画面が横へ回転するフリップデザインを採用し、片手で撮影しやすいよう工夫されていたのが「DSC-M1」。

このユニークなスタイルのデジカメが発売されたのが、2004年の今日です。

液晶を横に回転させると電源が入り、撮影可能に。液晶は180度回転できるので、通常の撮影も自撮りも手軽に出来ました。

撮影ボタンは、静止画と動画で別々に装備。モードを切り替える必要がなく、ワンボタンでスグに撮影できるというのが魅力です。

また、静止画を撮影するとき、その前後数秒間を自動で動画保存するという「ハイブリッドRec」を搭載し、瞬間だけでなく、シーンを含めて撮影できるというのがユニークでした。

11月19日のおもなできごと

2004年、オンキヨーがサウンドカード「SE-150PCI」を発売
2004年、ソニーが新スタイルデジカメ「DSC-M1」を発売
2010年、イー・モバイルが42Mbpsの「EMOBILE G4」を開始
2015年、アマゾンが1時間以内配送の「Amazon Prime Now」を開始
2015年、マイクロソフトが「Xbox One Elite」を発売
2016年、ライカがインスタントカメラ「ライカ ゾフォート」を発売


Source: ソニー