ペンタックスのデジタル一眼シリーズの中で、小型のエントリーモデルとなるのが「K-r」。これをベースに、限定100セットで登場したコラボモデルが、「K-r コレジャナイロボモデル」でした。

この異色のデジタル一眼の予約が開始されたのが、2010年の今日です。

1世代前の「K-x」では、ボディ20色、グリップ5色の100パターンが可能でしたが、このK-rではボディ12色と減ったものの、グリップが10色に増え、パターンは120と増加しています。また、D35mm F.24ALレンズもボディと同じく12色が選べるようになりました。

このカラーバリエーションが豊富なK-rに、新モデルとして追加されたのが、「K-r コレジャナイロボモデル」。これは、ザリガニワークスによるデザインで、欲しかったロボットとは似て非なるおもちゃをプレゼントされたときの残念感とトラウマをモチーフとしたもの。中身がデジタル一眼ということもあり、Can○nやNik○nを欲しがっている人へのプレゼントに最適でした。

ボディやレンズのカラーだけでなく、ホットシューアクセサリーまで付属しているのがいいですね。

実は、1世代前のK-xでもコレジャナイロボモデルがあり、意外にも人気だったとのこと。『多くのユーザーの皆さまから「K-rでもコレジャナイロボモデルを作って欲しい!」という熱烈なラブコールを受け』た結果、発売となったようです。

12月24日のおもなできごと

2008年、任天堂が「ニンテンドーDSiウェア」の販売を開始
2010年、ペンタックスが「K-r コレジャナイロボモデル」の予約開始
2010年、ドコモがLTEサービス「Xi」を開始
2013年、横浜市営地下鉄全区間で携帯が通信可能に
2014年、ゼンハイザーが「MOMENTUM On-Ear Ingress」を限定発売
2014年、京急空港線のトンネル内で携帯電話が通信可能に
2015年、ザ・ビートルズの楽曲をストリーミング配信開始