豊富なカラー展開が魅力のPANTONEシリーズ初のスマートフォンが、「PANTONE 5」(107SH)。本体カラーはもちろんですが、世界初となる放射線測定機能を搭載したということでも注目されました。

このAndroidスマートフォンが発売されたのが、2012年の今日です。

スペックは、3.7インチ液晶(854×480ドット)、1GB メモリー、4GB ストレージ、約490万画素カメラなど。コンパクトなサイズと丸みを帯びたフォルムで、片手でも使いやすいことが特長です。本体色が全8色と豊富で、好みの色が選べるというのもうれしいポイントでした。

なお、注目の放射線測定機能ですが、測定値は条件で大きく変化するうえ、精度高く測るには長時間かかること、そもそも重要なのは瞬間値ではないといったこともあり、数値を見たところで大半の人にはほとんど意味がありませんでした。機能としては面白かったのですが……。

7月14日のおもなできごと

2003年、APCジャパンが個人向けUPS「ES 500」を発売
2011年、シャープが「GALAPAGOS」のOSをAndroid化
2012年、ソフトバンクが「PANTONE 5」(107SH)を発売
2017年、まくら株式会社が「スマホ枕」を発売
2017年、auがEdge sense搭載「HTC U11」を発売
2017年、ASUSが「ZenScreen MB16AC」を発売
2017年、ASUSが「ZenFone Live(ZB501KL)」を発売