本体にはディスプレイもファインダーもないという、特殊なデジカメが「QX100」と「QX10」。

この、まるでレンズだけのような特殊なスタイルのデジカメが発売されたのが、2013年の今日です。

コンデジといえば、すぐに取り出せて撮影できる小さなボディと、スマートフォンよりも優れた光学ズーム、画質が特徴。しかし、手軽さではスマートフォンに敵わず、徐々に人気に陰りが見えてきていました。

この「QX100」と「QX10」は、そんな状況下でスマートフォンとの共存の道を選んだコンデジ。スマートフォンの背面に取り付け可能な特殊なデザインを採用し、まるでスマートフォンの拡張機能のように使えるというのが面白い製品でした。

QX100は2020万画素の1インチセンサーを採用し、光学3.6倍ズームレンズを装備。高級コンデジ相当の確かな画質で撮影できるというのが特徴です。

QX10は1820万画素の1/2.3インチセンサーで、光学10倍ズームレンズを装備。画質ではQX100に劣りますが、コンパクトなサイズで高倍率撮影ができるというのがメリットです。

スマートフォンとの接続は、付属の伸縮アタッチメントで挟むという方式。このほか、Xperia Z/Z1/Z1f/Z Ultra用として、専用ケースも用意されました。

なお、カメラ本体をスマートフォンに装着、カメラを起動、アプリでカメラとWi-Fi接続するという手順を踏んで、ようやく撮影が可能になります。この手間を考えれば、画質を妥協してスマートフォンで撮影するか、別途コンデジを使うかした方が明らかに楽でした。

QXシリーズは面白い製品だったのですが、翌年光学30倍ズームのQX30、レンズ交換式のQX1と発売されたものの、ここでシリーズが途切れてしまいました。

10月25日のおもなできごと

1990年、キヤノンが小型プリンター「BJ-10v」を発売
1995年、IBMがウルトラマンPCこと「Palm Top PC110」を発売
2008年、アースソフトが「PT1」を発売
2008年、東芝がネットブック「NB100」を発売
2012年、アマゾンが「Kindleストア」を日本でオープン
2013年、ソニーがレンズスタイルカメラ「QX100 / QX10」を発売
2016年、アップルが「Apple Pay」を日本で開始
2018年、キヤノンがフルサイズミラーレス機「EOS R」を発売
2018年、サムスンが「Galaxy Note9」を発売
2019年、サムスンが「Galaxy Fold」を発売