ゲーマーはもちろんのこと、あまりゲームをしない層まで視野に入れて開発されたゲーム機が「Wii」。

この他社とは異なる戦略のゲーム機が発売されたのが、2006年の今日です。

他のゲーム機がフルHDでの高画質表示、処理性能の向上といったゲーマー向けの色が濃くなっていたのに対し、よりライトな層が気軽に楽しめるよう考えられていたというのが、Wiiの大きな特徴でしょう。そのため、家族や友人らと楽しめるゲームも充実していました。

コントローラーもユニークで、ボタンを押すだけでなく、振ったり動かしたりといった動作で操作可能な「Wiiリモコン」を採用。これにより、ラケットやバットを振る、ボクシングなどの動作を行うなど、体を使った操作が可能となりました。

この体を使うという点から、トレーニングやフィットネスといった、従来のゲーム機ではあまりなかったジャンルを開拓しました。

また、過去のゲーム機で発売されたゲームをWiiで遊べるようにした「バーチャルコンソール」を搭載。インターネットを使ったダウンロード販売を採用し、いつでも懐かしいゲームが購入できるようになりました。

12月2日のおもなできごと

2004年、任天堂が携帯用ゲーム機「ニンテンドーDS」を発売
2006年、任天堂が家庭用ゲーム機「Wii」を発売
2011年、ドコモが「GALAXY NEXUS SC-04D」を発売
2016年、レノボがTangoを搭載した「PHAB2 Pro」を発売
2016年、ソフトバンクが「Lenovo TAB3」を発売

Source: 任天堂