厚みはわずか5.3mm、重量約47gというカード型の携帯電話が「カードケータイ KY-01L」。

この通話用端末が発売されたのが、2018年の今日です。

タッチ可能な画面とセンサーを装備し、ボタン類は電源とボリューム程度。このスタイルだけで判断すれば、スマートフォンといっても通用しそうです。実際、ブラウザーも動きますし、Wi-Fiテザリングにも対応していますから、スマートフォンの一種と言えなくもありません。

しかし、アプリの追加はできず、使えるのは電話、連絡先、SMS、カレンダー、時計、電卓、ブラウザー、メモ、設定の9項目のみ。カメラもなければ連絡先やカレンダーの同期もできず、ある意味、古き時代のPDAのような製品です。

また、画面のサイズはわずか2.8インチ。しかも電子ペーパーを採用しているためスクロールは不得意で、ブラウザーの利用も実用的とは言い難いものがあります。

とはいえ、色々な用途に使おうとすれば不満ばかりのこの仕様も、「ちょっと便利な通話端末」と考えれば問題なし。タブレットやスマホの補助に使うといった用途では、なかなか活躍してくれます。何より、この尖った仕様はガジェット好きに刺さります。

発売から3年が経過しましたが、今でも現役モデルとして販売中。いつまで販売が続くか分かりませんが、気になる人は、今のうちに確保&保護しておきましょう。

11月22日のおもなできごと

1994年、セガが家庭用ゲーム機「セガサターン」を発売
2002年、エレコムが士郎正宗・カトキハジメデザインのマウスを発売
2006年、マイクロソフトがXbox 360用「HD DVDプレーヤー」を発売
2007年、SCEJがPS2の最終モデル「SCPH-90000」を発売
2016年、TCLコミュニケーションが「IDOL4」を発売
2018年、ドコモがカードケータイ「KY-01L」を発売
2018年、アイリスオーヤマが液晶テレビ「LUCAシリーズ」を発売
2019年、ASUSがゲーミングスマホ「ROG Phone II」を発売
2019年、Googleが「Nest Mini」を発売

Source: ドコモ