2つのタワーが印象的な"マンハッタンシェイプ"が特徴のX68000は、ホビーPCとして多くの人を魅力した製品。今でもレトロゲームを好むファンたちに愛されているPCです。

このX68000のサービスマニュアルが無料で公開されたのが、2015年の今日です。

販売店や修理業者が使用するものだけに内容は非常に詳しく、システム構成から内部構造、メモリマップ、回路図、基板レイアウトまで、X68000のすべてが掲載されているといっても過言ではないものとなっています。

メーカーの事業撤退や組織変更、他社による買収などによって古い製品の情報は失われがちですが、ここまで情報を公開しているというのは非常に珍しいのではないでしょうか。

自社の電子書籍ストアとなる「GARAPAGOS STORE」(現:COCORO BOOKS)限定だったとはいえ、かなり驚かされました。

ちなみに今でも公開は続いており、当時のカタログと合わせて閲覧可能。立ち読み対象となっており、会員登録せずに読めてしまいます。気になる方はぜひ。

X68000に関する話題で最近驚いたのは、「PC-88版イースI&II」がX68000用に発売されるというニュース。しかも、フロッピー版です。発売日は2021年3月9日となっていますので、現役で動くX68000を所有しているという方は、要チェックではないでしょうか。

1月13日のおもなできごと

2012年、ロジクールがウェブカメラ「C920」を発売
2015年、カシオが1000fps撮影に対応した「EX-100PRO」を発売
2015年、シャープが「X68000」のサービスマニュアルを公開
2016年、東芝がメガネ型ウェアラブル端末「Wearvue TG-1」を発表
2017年、cheeroがポケモンコラボケーブル「CHE-245」を発売


Source: COCORO BOOKSBEEP