8bit時代を彷彿させるとして話題となったキーボード一体型PCがパワーアップし、バッテリーとタッチパッドも搭載したのが「キーボードPC II」でした。

このPCをベースにボディを赤く染め、「一太郎発売記念 keyboard PC Limited Edition」として発売されたのが、2017年の今日です。

スペックは、CPUにAtom x5-Z8300、4GB メモリー、32GB eMMC、6000mAhバッテリー(約6時間)、IEEE802.11b/g/nなど。重量は約1kgで、ディスプレイはないもののモバイルPCだと言い張って持ち歩くことも可能です。

省スペースPCだということもあり、インターフェースはUSB3.0×1、USB2.0×1、LAN、HDMI、VGA(D-Sub15ピン)、ヘッドホン出力、microSDカードスロットのみと必要最低限。USBはかなり少ないですが、そもそも本体にキーボードとタッチパッドを搭載しているため、意外とこれで何とかなります。

ブラウザーでの検索と動画サイトが利用できればいいと割り切ったリビングPC、セカンドPCとして使うには、結構便利でした。

ちなみにベースとなったキーボードPC IIも、一太郎発売記念 keyboard PC Limited Editionも、既に販売終了となっています。

2月3日のおもなできごと

2012年、auがテンキー搭載スマホ「INFOBAR C01」を発売
2014年、Facebookがニュースアプリ「Paper」を配信
2017年、ジャストシステムが「一太郎発売記念 keyboard PC Limited Edition」を発売
2017年、auが「AQUOS SERIE mini SHV38」、ソフトバンクが「AQUOS Xx3 mini」を発売
2020年、LIFE POCKETが「なくさないパスケース」を発売


Soruce: ジャストシステム