レンズ部分が回転するというギミックで、持ち歩きに便利なコンパクトなデザインを実現したのが「COOLPIX SQ」。

この変形コンデジが発売されたのが、2003年の今日です。

気軽に持ち歩ける小ささと、素早く撮影できる手軽さでコンデジは人気ジャンルとなりましたが、小さいといってもやはりカメラ。レンズ部の厚みがどうしても必要となるため、極端に小さい製品は作れません。

このCOOLPIX SQが面白いのは、レンズ部分を90度回転させ、収納時のサイズを約82×82×25.5mmにまで小さくしたこと。これだけコンパクトながらも、光学3倍ズームやスピードライトまで備えているのが魅力でした。

また、レンズ部を逆方向に90度回転させると自撮りができる、というのもユニークなポイント。サイズだけでなく、使い方の幅も広がっているというのがいいですね。

6月28日のおもなできごと

1999年、IBMがCF型HDD「マイクロドライブ」を発売
2003年、ニコンがレンズ回転式デジカメ「COOLPIX SQ」発売
2013年、富士通が薄型ノートPC「LIFEBOOK UH90/L」を発売
2013年、日本エイサーが「Iconia A1-810」(マンガロイドZ)を発売
2013年、ソフトバンクが「AQUOS PHONE Xx 206SH」「ARROWS A 202F」を発売
2018年、任天堂が「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」を販売再開

Source: ニコン