スマートフォンをかざすだけで、どんな写真が保存されているのかわかるというのが、NFCを内蔵したSDカードとなる「SD-NFC」シリーズ。

このユニークなSDカードが発売されたのが、2015年の今日です。

複数のSDカードを使用しているときに困るのが、中身の確認。目的の写真を探すため、片っ端からデジカメやPCに挿して調べるのは大変ですが、このSD-NFCなら、スマートフォンからプレビュー写真を確認し、簡単に中身を調べられるのがメリットです。

プレビュー写真の取得にはNFCを利用。通信速度は遅いものの、非接触で近距離通信が可能となるため、スマートフォンをかざすだけと手軽です。また、SDカードに名前を付けられるため、単純にSDカードを見分けるという用途にも向いています。ラベルシールを貼ると厚みが増えてしまう、見た目が悪くなる、という点を気にするのであれば、意外と便利でしょう。

なお、撮影した写真を転送できるわけではないので、あくまで確認用。転送したい場合は、高速通信が可能なFlashAirでなければ実用性がないという判断でしょうか。

限定的な利用方法しかなかったためか人気は出ず、今では販売終了となっています。

2月21日のおもなできごと

1986年、任天堂が「ディスクシステム」を発売
1996年、ソニーが光磁気ディスク「HS-1」を発売
2005年、任天堂が音楽・動画プレーヤー「プレイやん」を発売
2012年、ソニーが薄型ICレコーダー「ICD-TX50」を発売
2014年、JEITAが「JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver. 2.0)」を公開
2015年、東芝が世界初の「NFC搭載SDHCメモリカード」を発売
2019年、シャープがSIMフリー版「AQUOS R2 compact」(SH-M09)を発売