256パーツという多数の精密部品で構成され、特殊な変形ギミックが魅力のヘッドホンが「THP-01」。

この変形ヘッドホンの出荷が開始されたのが、2015年の今日です。

TOON WORKSHOPというブランドは、米国の人気グループLinkin ParkのMr. Hahn氏と、グッドスマイルカンパニーによるもの。通常のヘッドホンでも、収納時に一部が畳めるとか、伸縮するといった変形するものがありますが、このTHP-01はレベルが違います。

折りたたみ時は、小さなポーチかと思うような四角くなデザイン。ここから開いたり伸ばしたり閉じたりと色々な変形を繰り返すことで、ヘッドホンとして使えるようになります。

百聞は一見に如かず、ってことで変形動画をどうぞ。

カシャっと動く気持ちよさは、ほかのヘッドホンにはない特徴。音楽を聴くのが目的ですが、ガジェットとしての魅力もかなり強いものとなっていました。

カラーやデザインのバリエーションも多く、Stealth Blackのほか、Stealth White、東亜重工製通信用端末、Re:construct、feat. kz、Oiled Leatherなど多数。ヘッドホンに個性を求めるのであれば、なかなか面白い製品でした。

7月27日のおもなできごと

2001年、ドコモが「P-in m@ster」を発売
2006年、東芝がHD DVD搭載HDDレコーダー「RD-A1」を発売
2006年、ウィルコムが「W-ZERO3 [es]」(WS007H)を発売
2013年、富士フイルムが「X-M1」を発売
2015年、グッドスマイルカンパニーが「THP-01」を出荷開始
2018年、ドコモが「Xperia XZ2 Premium SO-04K」を発売

Source: グッドスマイルカンパニー