ショールームなどがあったソニービルを取り壊し、その跡地に作られたのが「Ginza Sony Park」。

この銀座一等地にある公園がオープンしたのが、2018年の今日です。

Ginza Sony Parkは、約50年にわたり銀座で営業していたソニービルの建て替えに伴うプロジェクト。地上部はイベントが行える公園として整備し、地下には物販スペースや飲食スペース、地下鉄駅への連絡路が作られています。

地上部はソニー製品とは関係なく、よりオープンなスペースとして作られているのが面白いところです。

当初は2020年秋に新ビルを建設する予定で、それまでの間、公共スペースとして開放するはずでした。しかし、ビルの着工時期が2021年10月以降へとずれたため、2021年9月まで開放期間が延長されています。

新ビルの完成予定は2024年中。地上の公園部は公共スペースとして残るようなので、どのような形になるのか、今から楽しみです。

8月9日のおもなできごと

2003年、東芝が「GENIO e350」を発売
2012年、HuluがWiiに対応
2013年、ソフトバンクが「Pocket WiFi 203Z」を発売
2014年、レノボが28インチ4K液晶「LI2821 Wide」を発売
2018年、ソニーが「Ginza Sony Park」をオープン
2018年、ワイモバイルが「かんたんスマホ」(705KC)を発売

Source: ソニー