どうぶつたちとの触れ合いや、暮らしを楽しむゲームが「どうぶつの森」シリーズ。

このシリーズ初のスマートフォン向けタイトル「どうぶつの森 ポケットキャンプ」の配信が始まったのが、2017年の今日です。

通称は、ポケ森。釣りや昆虫採集、家具や服集めといった要素は同じですが、ポケ森では村の住人として暮らすのではなく、キャンプ場の管理人となります。といっても、マイホームの要素がキャンプ場の整備、キャンピングカーのカスタムなどに変わる程度で、ゲームの根本部分は大きく変わりません。

釣りや採集がしやすかったり、フレンドとの交流機能が強化されていたりと、スマートフォン向けならではの調整もありました。

プレーは基本無料。課金アイテムとなるリーフチケットで、家具の作成時間短縮、限定家具のクラフト、アイテム保有枠の拡大などが可能です。なお、リーフチケットはゲームを進めることで無料で入手できるので、のんびり遊ぶのであれば、無~微課金でも十分楽しめました。

ちなみに、Nintendo Switchで「あつまれ どうぶつの森」が発売された後もサービスは続いており、今からでも遊べます。

11月21日のおもなできごと

1990年、任天堂が「スーパーファミコン」を発売
1998年、カシオ計算機が「CASSIOPEIA FIVA MPC-101」を発売
2000年、インテルが「Pentium 4」を発表
2009年、任天堂が「ニンテンドーDSi LL」を発売
2015年、ソニーが電子ペーパー時計「FES Watch」の店頭販売開始
2017年、任天堂が「どうぶつの森 ポケットキャンプ」の配信開始

Source: 任天堂