2004年7月10日、1GBの容量を持つHi-MDに対応したウォークマン「MZ-NH1」が発売されました:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、ニュース、記念日など、気になった話題をピックアップ

今日は何の日?
今日は何の日?
2020年07月10日, 午前 05:30 in today
0シェア
FacebookTwitter

主に音楽用途で使われていたMDを1GBに大容量化し、汎用記録メディア化を目指したのが「Hi-MD」。このHi-MDを採用した機器として登場したのが、「MZ-NH1」「MZ-NH3D」「MZ-EH1」でした。

この新しいMDウォークマンが発売されたのが、2004年の今日です。

3モデルの違いは、単体での録音・再生、そしてPCとのUSB接続が可能なのがMZ-NH1、再生とPCとのUSB接続に対応していたのがMZ-NH3D、そして再生専用がMZ-EH1というものです。

録音は1GBのHi-MDメディアを使うと最長45時間が可能なほか、1.4Mbpsの無圧縮リニアPCMに対応。USB接続に対応したモデルはPCからの編集、管理が可能で、楽曲データの高速転送、PCファイルの保存が可能というのが特長となっていました。

といっても、音楽ファイルの取り扱いには専用ソフトが必要だったりと、いうほど自由に使える感じではありませんでした。ユーザーの使い勝手より著作権保護機能でガチガチに固めることを優先していた時代だったので、しょうがないのですが……。

ちなみにHi-MDウォークマンは短命で、わずか2年後、2016年発売の「MZ-RH1」を最後に終了となりました。

7月10日のおもなできごと

1997年、カシオ計算機が「CASSIOPEIA A-50」などを発売
1997年、ソニーがFD記録デジカメ「MVC-FD5」を発売
2004年、ドコモが初のおサイフケータイ対応端末「P506iC」を発売
2004年、ソニーがHi-MDウォークマン「MZ-NH1」などを発売
2007年、ソニーが「HDR-CX7」を発売
2009年、ドコモが「docomo PRO series HT-03A」を発売

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: today, sony, walkman, storage, removable media, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents