iモードなどで使用されていた「@docomo.ne.jp」ドメインのメールアドレスを、PCやタブレット、他のスマートフォンなどからも利用できるようにしたのが「ドコモメール」。

このクラウドにデータを保存するメールサービスが開始されたのが、2013年の今日です。

ドコモメールの前身は、スマートフォンなどから使えるように拡張されたspモードメール。Gmailでは基本的にデータはクラウド上にありますが、spモードメールは一定期間でサーバーからメールが消えるため、複数の端末で利用するには向いていない方式でした。

これをクラウド対応にし、複数の端末からでも@docomo.ne.jpのメールを使えるようにしたのが、ドコモメールです。利用料は無料ですが、月額315円のspモード契約が必須でした。また、ドコモメールアプリ以外から利用するにはdアカウントが必要となるなど、利用開始までのハードルは若干高めです。

ちなみに保存できる容量は1GBまで。また当然ですが、ドコモ回線を解約すると使えなくなります。これに対し、無料でスグに使えるGmailは15GBで、回線契約も必要ありませんから、どちらが便利かといわれれば……。

ところで、ドコモメールのページを見ていて気付いたのですが、公式キャラクターがいたんですね。好きな食べ物が、きのこ鍋とラム肉。ドコモダケやひつじのしつじくんの存在を考えると、結構な野心家かもしれません。

10月24日のおもなできごと

2006年、携帯電話番号を変えずに乗り換えられる「MNP」が開始
2013年、ドコモが3日使える「ARROWS NX F-01F」を発売
2013年、ドコモがクラウド化した「ドコモメール」を開始
2014年、ソニーが小型化したアクションカム「HDR-AZ1」を発売
2014年、ソニーがDAC内蔵ハイレゾヘッドホン「MDR-1ADAC」を発売
2014年、シグマがレンズ一体型デジカメ「SIGMA dp1 Quattro」を発売
2014年、日本HPが「HP Stream 14」を発売
2019年、グーグルが「Pixel 4 / Pixel 4 XL」を発売


Source: ドコモ