動画用+静止画用というデュアルカメラ構成を継承し、新たにハイライト動画の自動作成機能などを搭載したのが「AQUOS R3」。

このスマートフォンが発表されたのが、2019年の今日です。

新機能の「AIライブストーリー」は、撮影した動画からハイライトシーンを切り出し、BGM付きの15秒間ショート動画を自動作成するというもの。ハイライトシーンはAIが自動で抽出してくれるので、編集作業はまったくいりません。撮るだけで映像作品となってくれるため、SNSなどのシェアで活躍してくれます。

また、静止画カメラでは新たに「被写体ブレ補正」機能が追加され、思うように止まっていてくれないペット撮影が楽になりました。

このほか、Pro IGZOによる明るい画面表示、狭額縁化が実現されたほか、前モデル同様120Hzの滑らかな表示に対応。また、ワイヤレス充電となるQiに対応したというのも地味ながら便利な点です。

3キャリア全てから発売されましたが、発売日は別。ソフトバンクが5月24日、auが5月25日、最後のドコモが6月1日というものでした。

5月8日のおもなできごと

1980年、WHOが天然痘根絶宣言
2014年、DAQが「SQUAIR Duralumin Mesh Case for iPhone 5s/5」を発表
2015年、LGが4K曲面有機ELテレビ「LG OLED TV 55EG9600」を日本で発売
2018年、Googleが「.appドメイン」の一般登録開始
2019年、Googleが「Pixel 3a/ 3a XL」「Nest Hub Max」を正式発表
2019年、シャープが「AQUOS R3」を発表