QRコードを活用し、スマートフォンだけでATMから現金を引き出せるサービスが「スマホATM」。

このサービスが開始されたのが、2017年の今日です。

銀行ATMの利用は、キャッシュカードと4桁の暗証番号というのが基本。お世辞にもセキュリティが高いとはいえないため、静脈認証などの生体認証が組み合わされることが増えてきました。

とはいえ、キャッシュカードを失くしてしまうと現金が引き出せなくなるというのは、従来と同じ。また、銀行ごとにそれぞれカードが必要ですから、財布のカード入れがパンパンになってしまいがちです。

これらを解決する方法として登場したのが、スマートフォンとQRコードを使って認証を行なう「スマホATM」。ATMの画面に表示されたQRコードをスマートフォンで読み取るだけでよく、キャッシュカードも暗証番号も生体認証も必要ないという手軽さが魅力です。また、万が一スマートフォンを紛失してしまった場合でも、他人がロックを解除するのは難しいうえ、リモートからロック・消去もできるため、セキュリティ面でも安心できます。

銀行側としても、既存ATMのファーム改修で対応しやすく、ATMの入れ替えや生体認証センサーなどの追加が不要で、低コストで導入できるというメリットがありました。

サービス開始時はセブン銀行ATMだけでしたが、現在はローソン銀行ATMも対応。利用できるのはじぶん銀行や住信SBIネット銀行などに限られますが、もし口座をもっているなら活用したいですね。

3月27日のおもなできごと

1998年、任天堂が「スーパーファミコンジュニア」を発売
1998年、任天堂が「ポケットピカチュウ」を発売
2015年、NTTコミュニケーションズがプリペイドSIM自動販売機を設置
2015年、ドコモがLTE-Advancedサービス「PREMIUM 4G」を開始
2017年、じぶん銀行が「スマホATM」サービスを開始
2020年、ソフトバンクが5Gサービスを開始