1990年に誕生したゲームプラットフォーム「NEOGEO」を復刻し、ゲーム筐体デザインの小型ゲーム機として誕生したのが「NEOGEO mini」。

このゲーム機が発売されたのが、2018年の今日です。

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピューターなど、レトロゲーム機の復刻が次々と登場する中、SNKが投入したのがこの製品。

NEOGEOはゲームセンターだけでなく、家庭用ゲーム機でも同じゲームが遊べるため、当時の子供たちにとって憧れの強いハードでした。それが、小さな本体に40ものタイトルを内蔵して発売されるとなれば、買わない理由を探す方が難しいでしょう。

ザ・キングオブ・ファイターズのシリーズだけで10本あるなど、収録タイトルにはシリーズ物が多数含まれていますが、ファンにとってはシリーズを厳選されるよりもありがたいですね。

面白いのが、小さいながらも液晶とスティックコントローラーが内蔵されていること。別途テレビやコントローラーパッドを用意することなく、本体だけで遊べるという手軽さが魅力です。もちろん、HDMI出力やUSBなども装備しているので、大きな画面でちゃんとしたパッドを使って遊びたい、という要望にも応えてくれます。

後日バリエーションとして、8タイトルさらに多いクリスマス限定版、サムライスピリッツシリーズ6作品を収録したモデル、パッドが付属するセットモデルなどが登場しています。

7月24日のおもなできごと

2004年、アップルが「iPod mini」を日本で発売
2006年、任天堂が「ニンテンドーDSブラウザー」を発売
2011年、岩手県・宮城県・福島県を除く44都道府県でアナログ放送が終了
2015年、auが京セラ初のタブレット「Qua Tab 01」を発売
2018年、SNKが「NEOGEO mini」を発売
2019年、アマゾンが「Kindle Oasis」を発売

Source: SNK