10.1インチとコンパクトながら360度回転するディスプレイを採用し、タブレットPCとしても利用できるのが「Let's note RZ4」。

この2in1 PCが発売されたのが、2014年の今日です。

10インチ台のLet's noteは、初期のR1から続く息の長いシリーズ。デザインは大きく変わっているものの、コンパクトな筐体に通常のモバイルノートと変わらない機能・性能を詰め込み、それ以上の長時間バッテリー駆動を実現するというコンセプトは変わっていません。

このRZ4は約745gと軽量ながら、1920×1200ドットの液晶、独立カーソルのキーボード、Core M(5Y10)を搭載するモデルとして登場しました。軽量ながらも堅牢性は継承しており、100kgfの加圧テストや76cm落下テストなどをクリアしています。

驚かれたのは、ブルー&カッパーという、少々特殊なカラーモデルが用意されていたこと。しかも店頭販売の標準モデルで、です。シルバーが基本のLet's noteシリーズにおいて、なかなか奇抜なカラーリングでした。

RZシリーズは今年の春モデルまで続きましたが、残念ながら夏モデルからは消えてしまい、10インチ台のLet's noteは不在となってしまいました。再び復活することを期待しています。

10月17日のおもなできごと

2008年、パナソニックがハンドル付きの「Let'snote F8」を発売
2014年、レノボが「YOGA Tablet 2-830F」(Android)を発売
2014年、アップルが新型「Mac mini」を2年ぶりに発売
2014年、パナソニックが「Let's note RZ4」を発売
2014年、マイクロソフトが個人向け「Office 365」を提供開始
2014年、リコーがアクションカメラ「WG-M1」を発売
2015年、HTCがSIMフリースマホ「Desire EYE / 626」を発売
2015年、ソニーモバイルコミュニケーションズが「SmartBand 2 SWR12」を発売
2017年、日本エイサーがMRヘッドセット「AH101」を発売