机上スペースを有効活用できる、液晶ディスプレイ用の小物置きが「ディスプレイボード」。

このアイディア商品が発売されたのが、2016年の今日です。

液晶ディスプレイが大型化するほど机上での占有面積は大きくなり、他の小物が端に追いやられてしまいます。この小物類をディスプレイの上に置けるようにしよう、というのを実現したのが、ディスプレイボードです。

単に板を乗せるだけでは安定しませんが、上部のフチに引っかけ、2本のアームで支えることでこれを解決しています。このアームは位置を左右に動かせるため、スタンド部に干渉しない位置にずらせるのがいいトコロ。さらにアーム接地部も上下左右に動くため、湾曲した形状にも対応可能です。また、ディスプレイの仰俯角と関係なく、水平に設置できるというのもメリットでしょう。

手前には小さなトレーがあり、スマートフォンを立てたりペンを置いたりと活用できるのもいいですね。

黒と白の2色ありましたが、白は販売終了となっています。ちなみに黒は、今でも購入できます。

3月24日のおもなできごと

2001年、アップルが「Mac OS X」を発売
2011年、ドコモが「Xperia arc SO-01C」を発売
2016年、キングジムが「ディスプレイボード」を発売
2016年、LINEが「LINE Payカード」のサービスを開始

Source: キングジム